コスメの成分について

Good Cosme

きれいな肌でいたい

コスメティックにおけるアルコール

コスメティックスの成分表示でよく見られる「エタノール」とはエチルアルコールのことで、酒類の主成分で一般的にはアルコールと分類されるものです。
よく使われるコスメティックスは化粧水、ロ-ション、ヘアトニック、コロン、マニキュア、デオドラント製品など数多く様々なものに配合されていて、その量により働きが変わるためコスメティックスの種類によってその配合量も異なります。

ipsコスメティックスのユーザーの中にもアルコールの働きや含油量について注目している方もいるでしょう。
多くに含まれているからこそ、差が出る部分でもあり、ipsコスメティックスのユーザーのように意識の高い人には気になる成分です。

アルコールフリーの化粧水について言われる事が多くなってきた昨今ですが、アルコールとはいったい化粧品にとって
どのような作用があるものなのでしょうか。
乳化作用ー水と油をなじませる作用、殺菌作用、防腐作用、清涼作用ー皮脂を取って、さっぱりさせる、
肌の引き締め作用、成分の溶解を助ける作用などがあります。

このエタノールは無色透明の揮発性の液体で、殺菌の役割をはたすことからコスメティックスには防腐剤となる他、水や油に溶けにくい香料や色素を溶かし均一に混ぜることができるため、可溶化を目的として用いられることも多いです。
また、肌に残留する皮脂汚れや、化粧品などで付いた色素などを浮かして取り除くこともできるので、ふき取り型の化粧水など洗浄としてもよく使用されるます。
肌に接触したときスッーとした爽快感があり、アルコールにより皮膚の温度も下がるため、毛穴を引き締め収れん効果も期待できるとされています。
どうやら悪いことばかりでもないようです。

しかし、肌が敏感になっているときにはこの爽快感ではなく、ピリピリと感じることがあります。
そのまま使い続けると、肌に赤みが出ることもあります。

これまでの化粧品からipsコスメティックスに変えた人たちに聞いてみても、
やはり化粧品を変えるタイミングというのは、これまでの化粧品に違和感を感じたときのようです。

これまで長く使用してきたものでも、季節や体調、年齢によってふと合わないと感じることがあります。
そうした時にipsコスメティックスに出会い、ipsコスメティックスを使い始めてたという人が多くいます。
いつもと違う感じがしたときは、一度使用をやめてみる方がいいでしょう。

クレンジングミルク    クレンジングオイル    スキンケア    保湿力


Copyright© Good Cosme All Rights Reserved.