Good Cosme

買い方

コスメティックスの成分には、エステル類が含まれている事があります。
これは、一般的には、コスメティックスの油相中に配合する事で、製品の油ぎった感じを少なくし、皮膚を保護する目的で用いられます。

また、植物油と鉱物油のように混じり合わない成分の混和剤としても用いられる他、染科や香料をはじめ各種化粧品用添加剤の溶剤としても、増粘剤、可塑剤あるいは不透明化剤としても広く用いられています。

そもそも、エステルとは、酸とアルコールから脱水して得られる有機化合物です。
酸としては脂肪酸、多塩基酸、ヒドロキシ酸などが、アルコールとしては低級アルコール、高級アルコール、多価アルコールなどがあります。
これらの酸とアルコールの組み合わせによるエステルは多数あります。
コスメティックスに使用される油性原科としてのエステルは、比較的限られたものです。

コスメティックスには、エステル類の他にも、様々な成分が使用されていますが、私たちの肌に直接使用するものですから、それがどういった目的で使用されているか、またはどんな効果をもたらすものなのかを調べておくと良いでしょう。
コスメティックスは内容成分を見ることが少ないかもしれません。
しかし、よく見てみるとこのようにカタカナの聞いたことのない言葉が並んでいます。
インターネットを用いて成分の特性について知ることができますが、真偽のほどは確かでない情報もあります。
口コミも参考にはなりますが、全ての人に当てはまるということはありません。
調べ方についても、どこが出している情報なのか、情報が新しいものであるかは見たほうがいいでしょう。
それが何の働きをするものか知ることで、自分に本当に必要なもの、不必要なものを選ぶことができるようになるでしょう。

クレンジングミルク    クレンジングオイル    スキンケア    保湿力


Copyright© Good Cosme All Rights Reserved.